MENU

SCROLL

PAGE TOP

ABOUT

岩村組とは?

建設を通じて
豊かな地域づくりに貢献する

昭和26年の創業以来、お客様のご要望に誠意と情熱、最高の技術で応え、様々な建築物を造ってきました。昭和38年に始まった新潟東港整備に際しては、この大型プロジェクトに当初から関わるべく聖籠町に拠点を設け、幅広い経験を積み、技術を磨いてきました。建設を通じて豊かな地域づくりに貢献すること――その理念はぶれることなく、平成、令和と時代は変わりましたが、今に引き継がれています。

相次ぐ自然災害、少子高齢化や人口減少などの深刻化する社会問題を受け、建設が果たすべき役割はますます多様化しています。生活でも産業でも、より安全かつ効率的なインフラ整備が求められています。現存構造物の補修や活用、耕作地の統合や集約化により、サステナブル社会の実現へ。土木と建築と不動産の3部門を有機的につなぎ、私たちは新潟のよりより未来を形にするために歩み続けていきます。

岩村組の強み

ADVANTAGE

  • TRUST

    70年の実績と経験、誠実な姿勢で⼈々の信頼に応え、地域に貢献しています。

  • SAFETY

    産業や暮らしの営みを技術⼒で⽀え、持続可能社会の構築に努めています。

  • CHANCE

    時代の要請や技術の進歩に即応し、新たな価値を追求し続けていきます。

事業展開

SERVICE

  • 造る

    道路・農地・上下水道・河川・海岸の整備など、街づくりのベースとなるインフラ整備

  • 建てる

    病院・学校・福祉施設・商業施設・工場・オフィスなど、人々の暮らしに必要な施設を建築

  • 創る

    土地の開発・造成・賃貸・売買の斡旋・管理までトータルで行う不動産サービス

代表挨拶

MESSAGE

土木×建築×不動産で
地域の未来を創る

代表取締役
岩村 慎一郎

農業土木を根幹として地域づくりに寄与

日本が高度成長期に向かおうとする昭和26年、旧紫雲寺町で土木業を興した岩村組は、その後、新発田市・聖籠町にも拠点を展開し、総合建設業として歩んできました。誠実なものづくりの姿勢や技術力向上のためのたゆまぬ努力をご信頼いただき、順調に事業を発展させることができました。中でも、農業土木では新潟県内トップクラスの施工実績とノウハウを有し、新発田エリアの農業の発展を支えてきたと自負しております。現在では、主軸は公共事業に置きながら、エネルギー関連施設、設計事務所との連携による商業施設の建築などへも守備範囲を拡大し、より幅広く地域づくりに関わっています。

社員一人一人が力を発揮できる環境を

土木と建築と不動産の3部門の力を総合し、街をつくり、人を動かし、人を呼び込む――それが岩村組の次の目標、地域の活性化です。安全な暮らしと産業の振興のために、柔軟な発想力と行動力で魅力ある「場」を造りだしていきたいと思います。地域の未来を創る会社は、社員一人一人にとっても明るい未来を描ける会社でなければならなりません。そこで、新たな事業展開に対応した企業基盤の整備・強化を図り、全社一丸となって事業に取り組んでまいりますので、変わらぬご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

企業理念

PRINCIPLE

  • 経営理念

    建設を通じて豊かな地域づくりに貢献する。

  • 社訓

    有言実行、情熱、信頼。

  • 経営方針

    一、地域社会に建設を通じて積極的に参画し、豊かな地域づくりのために貢献する。

    一、お客様の対応は有言実行をもとに誠心誠意を持って行う。

    一、お客様の要求を満たした構築物を情熱と最高の技術を以って設計・施工にあたる。

    一、お客様の満足度の充実と信頼感の確立を図る。

会社概要

SUMMARY

商号 株式会社岩村組
創業 昭和26年1月
代表者 代表取締役 岩村 慎一郎
資本金 5,000万円
社員数 76名
営業種目 総合建設業
土木・建築各工事の設計・施工・監理
不動産の管理、売買・賃貸の斡旋
許可番号 新潟県知事許可(特-31)第45190号
設計事務所登録番号 株式会社岩村組 一級建築士事務所 新潟県知事(リ)第1117号
宅地建物取引業許可 新潟県知事(6)第3934号
加入団体 新潟県建設業協会(新発田支部)
新発田市建設業協会
聖籠町建設業協会
新潟県宅地建物取引業協会
新潟県建築士事務所協会
下水道排水設備店 登録市町村 新発田市/登録番号102号
聖籠町/登録番号 44号
新潟市/登録番号495号
所在地 本社
〒957-0052 新潟県新発田市大手町四丁目3番21号
TEL0254(20)5550(代) FAX0254(20)5556

聖籠支店
〒957-0101 新潟県北蒲原郡聖籠町東港7丁目61番地12
TEL.025(256)2331(代) FAX.025(256)2930

指定請求書について

下記より指定請求書用紙をダウンロードして作成・提出をお願い致します。
尚、従来の複写式の指定請求書での提出も可能です。
ご都合に合わせてご利用ください。

作成要領、注意事項等はファイルの1ページ目に記載しております。

お問合せ先
㈱岩村組 総務部
0254-20-5550

事業所案内

OFFICE

本社

〒957-0052 新潟県新発田市大手町四丁目3番21号
TEL0254(20)5550(代) FAX0254(20)5556

聖籠支店

〒957-0101 新潟県北蒲原郡聖籠町東港7丁目61番地12
TEL.025(256)2331(代) FAX.025(256)2930

会社沿革

HISTORY

昭和26年1月 北蒲原郡紫雲寺町(現:新発田市)にて岩村組を創業
昭和28年9月 新潟県知事登録許可
昭和34年4月 新潟県建設業協会(新発田支部)入会
昭和37年6月 法人に組織変更、株式会社 岩村組となる
昭和53年6月 豊栄営業所開設
昭和61年10月 北蒲原郡聖籠町に本社移転
本社移転に伴い紫雲寺営業所開設
平成10年4月 紫雲寺営業所を下越営業所に名称変更
平成11年12月 ISO9001 認証取得(登録番号:BCJ-QS-0119)
土木構築物・建築物の設計、工事監理及び施工(28)
平成14年12月 ISO9001:2000 認証取得
平成17年2月 新発田市に本社移転
本社移転に伴い聖籠支店開設
下越営業所を機材センターに変更
平成17年4月 豊栄営業所を新潟営業所に名称変更
平成22年4月 聖籠支店の所在地変更
平成29年11月 ISO9001:2015 認証取得
令和2年7月 新潟営業所閉設

グループ会社

GROUP

岩村物産

創業50年を迎えた岩村物産は、自動車全般と燃料全般を取り扱っている岩村組のグループ会社です。ガソリンスタンドでの給油や灯油の配達、車の車検・整備、購入に至るまでグループ社員割引があります。もちろん活用するかは自由ですが、他と比べるまでもないほどの働く特典になってます。

本社 自動車整備工場

〒957-0101 新潟県北蒲原郡聖籠町東港7丁目61番12号

  • 東港給油所

    新潟県北蒲原郡聖籠町東港3-6068-24

  • 綱代給油所

    新潟県北蒲原郡聖籠町字榎1321-1

  • 諏訪山給油所

    新潟県北蒲原郡聖籠町諏訪山884-2

  • 紫雲寺給油所

    新潟県新発田市稲荷岡796

地域とともに

WITH COMMUNITY

旧紫雲寺町で創業し、聖籠町、新発田市へ守備範囲を拡大させ、現在は新発田市を中心に事業を展開している岩村組。地域に根を下ろし、暮らしや産業を支え、より良い地域づくりのための仕事をしてきました。そうした岩村組の地元、ふるさとを紹介しましょう。

新発田市は新潟県の北部に位置する中核都市です。市の北西部は日本海に面し、東部には飯豊山、二王子岳などの山々がそびえ、平野部に広がる水田地帯は良質な米の産地として有名です。市街地には新発田城や清水園などの歴史的な建築物が点在し、城下町の風情を今に伝えます。また、6月中旬から7月上旬にかけては、市の花「あやめ」300品種60万本が、”日本四大あやめ園”のひとつに数えられる五十公野公園に咲き誇ります。

新発田市に隣接する聖籠町もまた稲作や果樹栽培など農業が盛ん。一方、海岸部には、岩村組が整備事業に関わった新潟東港を有することから、東北電力・東新潟火力発電所、精密機械の大規模工場などがあり工業化も進んでいます。さらに、新潟県民が熱愛するサッカーJリーグ「アルビレックス」のホーム練習場やJAPANサッカーカレッジ等もありサッカーと関係の深い町として注目を集めています。

  • 新発田城

  • 聖籠山宝積院

  • 次第浜海水浴場

  • 東北電力・東新潟火力発電所

  • 五十公野公園あやめ祭り

  • 藤塚浜海水浴場

  • 紫雲寺記念公園