MENU

SCROLL

PAGE TOP

女性だからできることを
大切にしています

2018年 中途入社

石見 美奈子 MINAKO IWAMI

建築部

INTERVIEW

ゼネコンで施工管理を経験

中学生の時、大工の仕事を追うテレビ番組を見て、大工に憧れました。が、職人の世界で女性が働くのは大変と周囲に言われ、それならばと、大学では工学部で建築を専攻。デザインや設計より、物を作る現場の仕事が自分に向いていると思ったので、研究室では施工について学びました。新卒で全国規模のゼネコンに就職し、希望通りに建築現場で施工管理の仕事に就きました。

子育て後に再スタート

子育てにひと段落が付いた時「もう一度現場に立ちたい」と岩村組に入社しました。ブランクの間に、現場用黒板が自撮りタイプになっていたり、「おっ?」と思ったりすることもありましたが、みなさんがフォローしてくれますし、終業時間には「帰る時間だよ」と声掛けもしてくれます。ゼネコン時代より働きやすい環境です。「女性だからできない」ではなく、「女性だからできることもある」と思えるようになりました。

女性だからできることとは

話し合いに私が入ることで雰囲気が和らぐ、場がまとまると言ってもらったことがあります。私自身、コミュニケーションをとる際にスムーズにいくと感じることも多々あります。建設業で女性が働くことは以前ほど特別なことではなくなっています。女性用の保護具等も増えましたし。そうはいっても、重いものが持てないとか高所作業は苦手だとか、できないこともあります。でも、そこは監督ができる人に割り振り、一人一人にできることを指示すればいい。そういう監督になりたいと思います。

設計図通りに建物ができる

今年、病院増築の案件を任され、初めて一人で施工図を描きました、自分が描いた通りにモノができていくのはおもしろいし、手ごたえがあります。現場代理人のほかに、設計についての知識や技術も身に着けていきたいと思うようになりました。勉強して、いずれは1級建築士資格にも挑戦したいです。当社はベテランぞろいで「先生」がいっぱい、先輩や上司に教えてもらいながら頑張ります。

身近な人のために働く喜び

岩村組は「地域と共にあること」を強みとしていて、私の住んでいるエリアでの仕事が多いです。友人に「この前、現場で仕事しているのを見かけたよ」と言ってもらえるなど、身近な人に知ってもらえたり、完成後にその施設を使ってもらえたりするのはうれしいです。地域づくりに貢献していると実感できるのは、岩村組での仕事の大きなやりがいです。